Zum Inhalt springen


インプラントで自分の歯を取り戻そう
インプラントで失った歯を取り戻しましょう。


大阪でインプラント治療

歯科医院でデンタルインプラントの手術を受けるというと、あごの骨を削り金属のスクリューを打ち込む・・・
考えると恐ろしくなってしまうという方がいらっしゃいます。
歯科医院でのインプラントの手術は技術の進歩が進んでおり、基本的には局部麻酔と注射による麻酔の併用で十分ですし、手術中は痛みを感じることなく治療を受けることができます。
手術後の状況については若干の個人差がありますが、手術後の痛みがあったとしても、通常の抜歯程度の痛みですし数日で落ち着きます。
インプラントの治療は入院する必要あありませんし、手術後の翌日からは通常の生活が可能です。
インプラントに使用する材質を心配される方がおられますが、現在日本国内で使用されているデンタルインプラントの素材は100%チタン金属か、チタン合金のみが使用されており、骨結合型が一般的です。
金属としてのチタンは人体には無害で、発癌性はありませんし腐食もしません。
骨との親和性が高く、アレルギー反応も出ません。
インプラントの素材については十分研究がなされており、この点での心配は無用です。
時々骨粗鬆症の方が、インプラント治療を不安視されます。
骨粗鬆症の大半の事例は、足の骨や、腰、肋骨、腕の骨の骨密度減少を特徴とする疾患です。
インプラントを埋めるあごの骨には、骨粗鬆症は影響しないという研究報告がされており、治療には影響ないでしょう。
大阪にはデンタルインプラントの実績豊富な歯科医がいますから、大阪でのインプラント治療には、一切の不安がありません。